FC2ブログ
基本的には読んだ本の感想・たまに映画やフリーゲームの感想、さらにたまには日々の雑記でも書いてます。そりゃあもう雑食に何でもやります。
 100回泣くこと
2011年04月02日 (土) | 編集 |
ちょっとずつまた更新始めようかと思います。
こっちにいて出来ることって、節電と募金以外、無いですかね…
とりあえず向こうが復旧してきたら、服やらは地元で買って、経済復活に貢献したいのですが。

100回泣くこと100回泣くこと
(2005/10)
中村 航

商品詳細を見る

実家で飼っていた愛犬・ブックが死にそうだ、という連絡を受けた僕は、
彼女から「バイクで帰ってあげなよ」と言われる。
ブックは、僕の2ストのバイクが吐きだすエンジン音が何より大好きだった。
4年近く乗っていなかったバイク。
彼女と一緒にキャブレターを分解し、そこで、僕は彼女に「結婚しよう」と告げる。
彼女は、一年間(結婚の)練習をしよう、といってくれた。愛犬も一命を取り留めた。
ブックの回復→バイクの修理→プロポーズ。
幸せの連続線はどこまでも続くんだ、と思っていた。
ずっとずっと続くんだと思っていた―――。

(あらすじより)

<感想>
中村航さん初めて読みました。
ひねりもない、妙な技巧に走らない、直球勝負な別離の話でした。
だからか素直に悲しい、切ないと思えます。

序盤でブックが弱っているところだけでも泣きそうだったので、
後半はもうどうしたらいいのやら、という感じでした。
僕と彼女のやりとりが本当に仲が良くて、こんな2人理想だなぁと思える2人なので
余計に後半が悲しい。

大切な人が大変なことになっていても、それ以外の日常は待つことなく動いていて、
そのギャップにどうしたらいいかわからなくなって。
きっと実際に直面したらこんな感じなんだろうなと思います。
地震後やっとのことで関東に出てきた後、勿論地震は注目の話題ではあったけど
普通に日々が回っていて、日常と非日常の境目に驚愕したのと似ているかもしれません。

しかしこの2人の付き合い方、本当に良いですね。
出会ったときの電撃ぶりとか、こんなの実際にあったらなぁと思います。無理か。

お気に召しましたらぽちっとどうぞ。
コメントも歓迎!


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック