FC2ブログ
基本的には読んだ本の感想・たまに映画やフリーゲームの感想、さらにたまには日々の雑記でも書いてます。そりゃあもう雑食に何でもやります。
 堅香子の蕾
2011年04月22日 (金) | 編集 |
torigoya
タイトル:堅香子の蕾
ジャンル:薄桜鬼同人ゲーム ビジュアルサウンドノベル
サイト:鶏小屋
URL:http://torigoya.info/

「これを着て祭りにでも行ってこい」
土方よりふいにもたらされた一言から
千鶴の屯所での日々にささやかな変化が訪れる。
留守をまかされた沖田、斎藤と共に、
いつもとは違う一日を過ごすことになる千鶴。
触れてしまった心、触れることが出来た心。
渡された女物の着物を着て
取りたい手はどちらのもの―――――?

(作品紹介ページより)

<感想>
PS2ソフト薄桜鬼の二次創作乙女ゲームですが、本家を知らなくとも楽しめます。
本家は切れ長のいかにもイケメンなキャラクターが、まんまるな瞳になっていて可愛い。

※知らない方のために補足。
薄桜鬼は幕末を舞台にした乙女ゲーム。
主人公千鶴は男装して新撰組と行動を共にします。(女であることは知られている)

選択肢は一つで、それによって相手が沖田か斎藤かが決まります。
フリーですが、千鶴がキョロキョロするのに合わせて視界が動いたり、
美麗なスチルが多数入ったりと、クオリティが高いです。


斎藤は寡黙で何を考えているかわかりにくいけど、大人な優しい人でした。
そして明らかにお互い好き合っているのにお互い気づいていない、という王道なパターン。
いやーこういう大人な人いいですよね。憧れます。
千鶴の思いを読み取って、一つ一つ先回りして気を回すのが素敵すぎです。
大人だー。そして優しい。

沖田はいつもからかったりふざけたりしているけれども、時折真剣になるとどきりとしました。
選択肢前の沖田パートで黙らされた時のセリフが特にドキドキでした。
穏やかな雰囲気じゃないのに不思議と惹かれます。
「あ、怒らせちゃったかな」という不安なドキドキも入っているのかもしれません。
こういう緩急もポイントなんでしょうねー。

どちらを選んでも祭りを楽しんで、イベントがあって、そしてほんのりいい感じで終わります。
めかしこんで二人でお祭り…いいなぁ。




お気に召しましたらぽちっとどうぞ。
コメントも歓迎です!


にほんブログ村 ゲームブログ 無料ゲームへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック