FC2ブログ
基本的には読んだ本の感想・たまに映画やフリーゲームの感想、さらにたまには日々の雑記でも書いてます。そりゃあもう雑食に何でもやります。
 かたみ歌
2011年04月25日 (月) | 編集 |
かたみ歌 (新潮文庫)かたみ歌 (新潮文庫)
(2008/01/29)
朱川 湊人

商品詳細を見る

忘れてしまってはいませんか?あの日、あの場所、あの人の、かけがえのない思い出を。
東京・下町にあるアカシア商店街。
ある時はラーメン屋の前で、またあるときは古本屋の片隅で―。
ちょっと不思議な出来事が、傷ついた人々の心を優しく包んでいく。
懐かしいメロディと共に、ノスタルジックに展開する七つの奇蹟の物語。
(amazon内容紹介より)

<感想>
朱川湊人、都市伝説セピアではまって、これで読むのは二作目です。

昭和な雰囲気がすごくいいです。
生まれる前の時代なのに、なぜだか懐かしいと感じます。
七編は全て独立した物語なのですが、同じ商店街を舞台にところどころつながっていて、
それぞれの人のその後がわかったり、「ああこの人たちはこの街で生きてるんだな」
という感じがします。

「夏の落とし文」は不気味なところが印象的。
兄の秀則が、幼いながらもしっかりした良い子で不憫です。

一番気に入ったのは「栞の恋」でしょうか。
邦子の恋心がほほえましいし、読んでいてこっちもわくわくします。
不思議な結末がまた良い。YTさんにとっても良い思い出になったんでしょうね。

「おんなごころ」は救いのない終わりと初恵の強さがコントラストでした。
この話の好きな言葉は「切るべき人間を切ることに躊躇しないということだ」。
大事だなと思います。
情け深いことも大事ですけれど、それではやってられないこともあるでしょうね。



お気に召しましたらぽちっとどうぞ。
コメントも歓迎!


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック