FC2ブログ
基本的には読んだ本の感想・たまに映画やフリーゲームの感想、さらにたまには日々の雑記でも書いてます。そりゃあもう雑食に何でもやります。
 阪急電車-片道15分の奇跡-
2011年05月08日 (日) | 編集 |

名前も知らない人達は、私の人生に何の影響ももたらさないし、
私の人生も誰にも何の影響もあたえない…
世界なんて、そうやって成り立っているんだ…
そう思っていた…でも…

乗りなれた車両。ありふれた風景。
通勤、通学、ショッピング、そして大切な人に会いに…その目的は違えども、
様々な人生を乗せて走る、電車。
あなたが活字から目を離したとき、携帯をしまったとき、ヘッドホンを外したとき、
そこは、いままで気づかなかったけど、ほんのちょっとだけ人生を輝かせる
魔法のような“出会い”が待っているのかもしれない。
これは、平凡な毎日が、“あなたが”視点をちょっと動かすだけで、
輝き始める不思議なお話。

(公式ページ「ストーリー」より)

<感想>
阪急電車、見てきました。
原作に比べるとわざとらしさというか、「ここで感動させよう」という意図が見えていまいち。
もっとさりげない、行きずり感が消えてました。
最後のおばさん軍団撃退もスマートじゃないし。
ただえっちゃんの彼氏も電車内の人間に関わってたのは良かったなぁと思います。
あぁ、しかし生ビールの二人が消えていたのは残念。長さから考えたら仕方ないんでしょうけど。
でも最後のスタッフロールで河原の「生」が出てましたね。なるほど、あんな感じだったのか。

とりあえず豪華な役者陣の中で、一番演技が光ってたのは芦田愛菜ちゃんでした。


帰り際、後ろの男二人組が話してるのを聞いたら、どうやら原作を読んだ先輩が後輩を連れてきたらしい。

「いやー原作と比べたらイマイチだったわ」
「そうなんすか?オレ今までの映画で十番以内でしたけど」
「ま、どっちにしろ男二人で見に来るもんじゃねーなw」

うん、私もそう思ってたw



お気に召しましたらぽちっとどうぞ。
コメントも歓迎!


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック