FC2ブログ
基本的には読んだ本の感想・たまに映画やフリーゲームの感想、さらにたまには日々の雑記でも書いてます。そりゃあもう雑食に何でもやります。
 ホームレス中学生
2011年01月31日 (月) | 編集 |
まずは画像の投稿練習に最近撮った写真でも。

ちょっとずれてる

自販機。…ちょっとずれてません?


さて今日も本のレビュー。話題作を今更読んでみました。


ホームレス中学生ホームレス中学生
(2007/08/31)
麒麟・田村裕

商品詳細を見る


BOOKOFF105円で買ったら最初のページが破れてやがる。まいいけどさ。

本業は芸人さんなのでもちろん文章は下手です。しかし内容が壮絶すぎる…
作家の想像でもこんな話書けないですよね。まさに実話ならでは。
武士の家計簿見てさらにこれを読むと、ますます倹約しなくちゃならん気分になります。
とりあえず食べ物はよく噛んで食べねば。

しかしこの方、経済的には不遇でしたが、人にはすごく恵まれてましたね。
泊めてくれた川井さん一家を始めとする周囲の人々、学校の先生、兄姉。
特に手紙をくれた工藤先生には驚いた。
先生と呼ばなくていい、逆に先生の相談を生徒に聞いてもらう。
変わっているけれども良い先生だなと思います。

大学生兄も当時は私と同じ若造の青二才のはずですが、しっかり家長してます。
見習いたい。

テレビであらすじだけ聞いていると、父=ダメ人間のイメージだったのですが、
(実際そういう面もありましたが(笑))
その父も色々な苦労が重なって解散に至ったのですね。
特別ダメな人だったというよりは、私たちと同じ普通の弱い人間です。
…まぁそれでもさすがに「解散!」は行きすぎだろと思いますが;
それを許してしまえる田村氏に脱帽。

ちなみにこの本、貧窮エピソードだけでなく、当時のアホ話も書かれてるのですが、
やはり芸人とはいえ文章で笑わせる技術はまだまだですな。
すべってる感じにクスっと意地悪く笑わせてもらいましたw


ランキング参加してみました。良ければぽちっとどうぞ。



スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック