FC2ブログ
基本的には読んだ本の感想・たまに映画やフリーゲームの感想、さらにたまには日々の雑記でも書いてます。そりゃあもう雑食に何でもやります。
 プシュケの涙
2011年08月27日 (土) | 編集 |
プシュケの涙 (電撃文庫)プシュケの涙 (電撃文庫)
(2009/01/07)
柴村 仁

商品詳細を見る

「こうして言葉にしてみると…すごく陳腐だ。おかしいよね。笑っていいよ」
「笑わないよ。笑っていいことじゃないだろう」
…あなたがそう言ってくれたから、私はここにいる
―あなたのそばは、呼吸がしやすい。
ここにいれば、私は安らかだった。だから私は、あなたのために絵を描こう。

夏休み、一人の少女が校舎の四階から飛び降りて自殺した。
彼女はなぜそんなことをしたのか?その謎を探るため、二人の少年が動き始めた。
一人は、飛び降りるまさにその瞬間を目撃した榎戸川。
うまくいかないことばかりで鬱々としてる受験生。
もう一人は“変人”由良。何を考えているかよく分からない…
そんな二人が導き出した真実は、残酷なまでに切なく、身を滅ぼすほどに愛しい。
(「BOOK」データベースより)

<感想>
表紙に惹かれて読んだはずが、中身もヒットでした。
やばい、哀しい。

同級生の自殺の真相を追いかける二人組の男子高校生。
これだけなら青春ミステリーものなら珍しくない設定なのですが、
最終的な真相にやられました。
同級生の自殺の真相を、という設定自体も、【実は狂言】という真相も、
それ自体はミステリーでは珍しくもないんですが、
組み合わせるとこんなサスペンスになるとは。
由良の恋も榎戸川の恋も、どちらも救いがないですね…
切ないというよりただただ哀しいです。
しかし【】は糞ですね。

時間を遡った後編を読むと哀しさが余計に引き立ちます。
秀逸すぎる…。



お気に召しましたらぽちっとどうぞ。
コメントも歓迎!




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック