FC2ブログ
基本的には読んだ本の感想・たまに映画やフリーゲームの感想、さらにたまには日々の雑記でも書いてます。そりゃあもう雑食に何でもやります。
 サクラダリセット4
2011年09月17日 (土) | 編集 |
サクラダリセット4  GOODBYE is not EASY WORD to SAY (角川スニーカー文庫)サクラダリセット4 GOODBYE is not EASY WORD to SAY (角川スニーカー文庫)
(2010/11/30)
河野 裕

商品詳細を見る

「リセットを、使えません」相麻菫の死から二週間。
浅井ケイと春埼美空は、七坂中学校の奉仕クラブに入部する。
二人は初めての仕事を振られるが、春埼はリセットを使えずにいた。
相麻の死をそれぞれに考えるケイと春埼。ケイは、相麻が死んだ山へと向かい…。
(「Strapping/Goodbye is not an easy word to say」)
中学二年の夏の残骸、高校一年の春、そして夏―。
壊れそうな世界をやわらかに綴る、シリーズ第4弾。
(「BOOK」データベースより)

<感想>
今回は短編集で、3巻のその後の話が少し入るぐらいです。
「お見舞い編」は、春埼が無表情・無愛想・薄感情ヒロインなのに、というかだからこそ可愛い。
最初はまったく可愛く思えなかったヒロインなのに、最近は可愛くてしょうがないです。
愛着なのか、それとも実際に可愛くなっているのやら。
マンションまで来て引き返すあたりはすごく共感できます。
皆実のお節介がまた可愛い。
しかしケイの有能ぶりも困ったもんですね。でも春埼への気配りもハイクオリティだからいいのかな。

そしてサクラダリセットとは全く関係ない中編、ホワイトパズルがすごく良かったです。
登場人物が2人とも冷めた感じなのに愛おしくなってきます。展開も切ない。
年の割に落ち着いた2人なのに、最後だけ妙に年相応の初々しさがまた可愛かったです。
いいなぁこの話。映画化とかできそうです。


お気に召しましたらぽちっとどうぞ。
コメントも歓迎!




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック