FC2ブログ
基本的には読んだ本の感想・たまに映画やフリーゲームの感想、さらにたまには日々の雑記でも書いてます。そりゃあもう雑食に何でもやります。
 永遠虹路
2011年10月14日 (金) | 編集 |
気が付いたら3000ヒットこえてましたね。
何だかんだで一日5~15くらい覗いてくださる方がいるようです。

永遠虹路 (メディアワークス文庫)永遠虹路 (メディアワークス文庫)
(2010/07/24)
綾崎 隼

商品詳細を見る

ねえ、七虹。
私は親友だけど、やっぱりあんたが何を考えていたのか最後まで分からなかったよ。
悪魔みたいに綺麗で、誰もがうらやむほどの才能に恵まれていて、
それなのに、いつだって寂しそうに笑っていたよね。
でも、私はそんな不器用なあんたが大好きだった。だから、教えて欲しい。
あんたはずっと、誰を愛していたのかな?
―永遠を願い続けた舞原七虹の人生を辿る、あまりにも儚く、
忘れがたいほどに愛しい、「虹」の青春恋愛ミステリー。
(「BOOK」データベースより)

<感想>
様々な人の視点から、短編連作の形で七虹という女性の姿が描かれています。
序盤では七虹は美しくて才能豊かで、でも謎めいていて神秘的な女性、という印象。

…だったのですが、読み進めていくと頑固な意地っ張りで周りが見えてなくて
しかも幼かっただけじゃん!と、ちょっとがっかり。
この物語を好きになれるかは七虹を好きになれるかどうかにかかっています。
私はこの女あんまり好きじゃないです。

佳乃との口論も、佳乃の言い分も鬱陶しい女でしたが、七虹の切り返しが更に嫌いです。
美人は自分の美しさに自覚と責任を持たないと駄目ですよね。

しかし男性キャラクターは魅力的なキャラが多かったです。
第一話、会社員の夏目は軽そうな口ぶりでも良い人さがにじみ出てましたし、
高校時代の天文部の保科とか好感の持てるタイプの草食男子でした。
(個人的な好みですが、草食は草食でもうじうじしてるタイプは気持ちが悪い)
名前忘れたけど第二話の武骨なドラマーも硬派で好きでした。
無意識に惹かれてる感じが良い!
この第二話のバンドメンバーは七虹に人生振り回されて本当に気の毒なのですが。


しかし蒼空時雨の「夏の色に憧れていた普通の毎日(遥か)」、
初恋彗星の「浴衣の袖のあたりから漂う夏の景色(涙がキラリ☆)」といい、
必ずスピッツの歌詞が入ってたのが、今回は見当たりませんでしたね。
それとも保科の章の最後に出てくる「言えなかった好きという言葉」が
山崎まさよしの"one more time, one more chance"なんでしょうか?

お気に召しましたらぽちっとどうぞ。
コメントも歓迎!




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック