FC2ブログ
基本的には読んだ本の感想・たまに映画やフリーゲームの感想、さらにたまには日々の雑記でも書いてます。そりゃあもう雑食に何でもやります。
 雑記も雑記
2011年10月08日 (土) | 編集 |
最近本業の研究やら資格試験の勉強やらでご無沙汰してました。
本当は9月初め頃から読んだ・観たものがたまってるんですが、書けないでいます。
否、書かないでいます。
一時期一日複数回更新したように、書こうと思えば一気に書けてしまうんですよねー。
しかし書こうと思うと一気に書いてしまうためいくつも書いて時間がかかるという。
ほどほどでやめておけよという話ではあるのですが。

忘れないように覚書。

<本>
・めんどくさい女から卒業する方法
・永遠虹路
・帰天城の謎
・続・時をかける少女
・昼寝の神様
・経済、これだけ知っていれば生きてゆけます
・神様のカルテ2

<フリーゲーム>
・ハプニング!?
・ボーカロイドシンフォニー

<映画・DVD>
・ハリーポッター死の秘宝後編
・三銃士
・鉄仮面
・シュレック3
・コクリコ坂から


よくこんだけためこんだもんだ。

 浅葱妖怪相談所。
2011年09月24日 (土) | 編集 |
あまてる
タイトル:浅葱妖怪相談所。
ジャンル:短編謎解きアドベンチャー
URL:あまてる。 http://nakadora-net.com/~amateru1143/

新米陰陽師、葵の元へ来る相談者は何故か妖怪達ばかり!
依頼者ふうの家では、ここの所怪しい物音が頻発するという…
原因はネズミ?G?

いつも通りのなーんでもない依頼かと思われたが…――

妖怪が穏健化し陰陽師の存在が、昔よりちょっと薄くなった時代の
ほんのりほのぼのなお話です。

(公式ページ「おはなし」より)

<感想>
ほのぼのした絵と雰囲気で和みました。
以前パンプキンタウンをプレイしたことがあったので(現在は公開終了)、
実はブラックな話なのかと思っていたら、そんなことはなく最後までほのぼのでした。
良かった良かった。
まぁバッドエンドに入ると少し哀しくはなりますが。

ゲーム内容は屋敷の中をクリックしながら謎を解いたりものを探したり。
フラッシュの脱出ゲームをやったことがある人ならおなじみの探索系アドベンチャー。
探索系としてはクリック箇所が大まかで少ないので難易度は低めです。

しかし某狐の人形のところは、やり直しがきかないので焦りました。
狐の人形ははめ込む前にセーブが必要ですね。
謎の内容自体は単純ですぐわかるのですが、ものがなかなか見つかりませんでした。
この作品の最大の難所はここですね。

おまけではショートストーリーも充実してて結構豪華です。
浅葱家の裏設定もとても気になります。
続編制作も決定しているそうで、それが楽しみです。



お気に召しましたらぽちっとどうぞ。
コメントも歓迎です!


にほんブログ村 ゲームブログ 無料ゲームへ
にほんブログ村

 ひなぎく虚妄
2011年09月23日 (金) | 編集 |
purgetory
タイトル:ひなぎく虚妄
ジャンル:悲恋・ADV風ビジュアルノベル
URL:purgetory  http://0purgatory.web.fc2.com/

―――白紙の進路希望票。
塗りつぶしたキャンバス、描きかけのスケッチ。
あの子と私は愛玩のための小鳥か、それとも目的のために飼育された家畜か。

…残酷なのは、あなたも私もお互い様。
(公式ページ「story」より)

<感想>
ヤクザな世界のお嬢と付き人の物語。
すみません、ツボでした。
こういう叶わない恋系の話は好きです。

お嬢の「何その顔」と「でも良かったわ。あなたのそんな顔が見れて」の台詞がお気に入り。
好きな相手だけど傷つく顔が見たい、という残酷さ。
少しだけざまぁ見ろと思ってしまう残酷さ。
なんとなくわかる気がします。

最後「そうして遠ざけられて忘れられて、いつか私だけが思い出すのだろう」が印象的。
自分は一人の夜に相手のことを思い出して、でも向こうはきっと忘れ去っていて、
私のことなど思い出さないのだろう、もしかしたら存在自体忘れられているかもしれない。
自分だけのものになってしまった思い出を、切なく思い返すんでしょうか。



お気に召しましたらぽちっとどうぞ。
コメントも歓迎です!


にほんブログ村 ゲームブログ 無料ゲームへ
にほんブログ村

 結婚はあなたのゴールではない
2011年09月19日 (月) | 編集 |
結婚はあなたのゴールではない結婚はあなたのゴールではない
(2011/03/23)
石田 衣良

商品詳細を見る

イイ女の条件とは?
カレが浮気をしていると思ったら? 
愛され続ける女になるには? 
結婚や恋愛の悩みに答えるヒントが満載の一冊。
(amazon内容紹介より)

<感想>
結婚だけが幸せではない、恋愛を重く見すぎない、自分を大事にしすぎない、等々
確かだと思うところはあるのですが、恋愛を重く見すぎないと言っているわりに言葉が結構重い。

以前読んだ「答えはひとつじゃないけれど」くらいの軽妙なタッチの方が読みやすかったかも。
まぁともかくそんなに恋愛沙汰は神聖視、重要視しちゃだめですな。
そりゃ大事は大事かもしれないけど、友人関係とか仕事とかと並列ぐらいでいいのかな、
くらいに思いました。


お気に召しましたらぽちっとどうぞ。
コメントも歓迎!




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


 悪ノ娘 黄のクロアテュール
2011年09月18日 (日) | 編集 |
悪ノ娘 黄のクロアテュール悪ノ娘 黄のクロアテュール
(2010/08/10)
悪ノP

商品詳細を見る

音声合成ソフト「VOCALOID 鏡音リン・レン」によって製作され、
動画サイトで再生数100万回を超えた名曲『悪ノ娘』、『悪ノ召使』を、
作曲者の悪ノP氏が自ら筆を執りノベル化!
原曲の世界観に「赤き鎧の女剣士」の視点を加え、
歌詞や旋律の間(はざま)に秘められた哀しくも美しい物語が綴られます。
カバー・挿絵にはこの曲ゆかりのイラストレーター壱加氏、
ピンナップ・口絵には、ゆのみ氏、憂氏が絵筆を振るいます。
物語 広大なルシフェニア王国を統治していたのは、わずか14歳の少女・リリアンヌだった。
彼女の絶対王政は、民衆から全てを搾取し、反逆者を容赦なく処刑した。
人々が「悪ノ娘」と呼ぶ暴虐の王女の傍らにはいつも、
彼女と顔のよく似た召使・アレン少年が控えていた。
同じ歳の王女と召使……二人に秘められていた運命の歯車はやがて、狂おしく回り始める…。
(amazon内容紹介より)

<感想>
小説を読んだ時はそこまででもなかったんですが、この後で動画の方を見て泣きました。

小説だと「実の姉弟とはいえ、何でそこまでリリアが大事なの?言うこと聞くの?」と思ってしまったのですが、
二次創作のPVやらで幼少時の仲の良い二人を見て納得。
小説ももうちょっと昔の二人の描写を入れれば良かったのに、と思いました。
ついでにリリアも幼少時を覚えている設定の方が終盤切ないのになー。

あとは、伏線のためにわざと描写を控えたんでしょうけれども、緑ノ娘を殺してしまう場面とか、
もうちょっと描きようがあったんじゃないかなーとも。
養父を殺した後も緑ノ娘を殺した後も、アレンがそこまで引きずっていないのも少々違和感。

でも物語自体や人物の相関は秀逸で、切なくて泣けます。
楽曲だけだとわからない裏側もわかりますし。
いいなー、ニコ動登録して他の楽曲も聞いてみようかな―。

お気に召しましたらぽちっとどうぞ。
コメントも歓迎!




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村